うつ病の原因と対処法【投薬治療でこころとからだの治療】

  1. ホーム
  2. 症状悪化に繋がる原因

症状悪化に繋がる原因

医者

悪化してしまう原因

うつ病になってしまったら正しい治療法で治していかないといけません。間違った治し方で逆に悪化させてしまうという原因もいくつかあるので覚えておくことをオススメします。
まず、うつ病の症状を悪化させないポイントは「放置する」ことです。
うつ病は責任感が強く、神経質な人がかかりやすいといわれています。そのため、「自分がなんとかしないと!」という気持ちで目先の仕事に集中し、病気を放置してしまうことに繋がります。
うつ病もほかの病気と同じように、きちんと治療を受けなければ症状が次第に悪化していきます。悪化してから治療を始めても思うように治療効果が出ずに苦しい状態が続くことになるので十分注意しましょう。

焦りは禁物

次に悪化させてしまう原因に「治そうと焦ってしまう」ことです。うつ病は、一般的に症状がよくなったり悪くなったりをくりかえしながら徐々に回復していきます。そのため、早く治して普通の生活を送りたからと言ってペースを考えずに治療を続けてしまうと、悪化してしまう恐れはあります。
うつ病の治療期間の目安は、最低でも3カ月。そのことを念頭に置き、焦らずじっくりと治療に取り組むことが必要でしょう。また、3カ月経過して改善効果が見られたとしても、焦らず1年ほど治療を継続しておくことが大事です。

初期症状が出たら休養が必要

一般的にうつ病の初期症状は、不眠や、肩や首の痛み、倦怠感、めまいといった身体症状で、身体症状を過ぎると思考に関わる精神症状が出てきます。この後に気をつけないといけないのが、自殺願望や歩行障害といった重い症状です。
基本的に早い段階で休養・睡眠をとって心身を休めることがうつ病にとって必要ですが、自分でできる対策をしても症状が改善されない時は専門医と相談をすることが必要です。

ストレス解消をすること

また、うつ病の多くはストレスに原因があります。ストレスを引き起こす要因は人それぞれですが、多くの場合、人間関係、仕事、病気など日常的な場面に集約されます。うつ病を悪化させないためには、このストレスからなるべく遠ざけることが大事でしょう。
ただ、うつ病の人に多いのは、ストレスであることに気づいていないことや自分に合った解消法を見つけ出せていないことです。このような時はカウンセラーや理学療法士の力を借りて、自分のストレスレベルをチェックしたり解消方法をアドバイスしてもらったりするのが有効です。