うつ病の原因と対処法【投薬治療でこころとからだの治療】

  1. ホーム
  2. 高齢者のうつ病

高齢者のうつ病

葉っぱ

老年期のうつ病

年齢を重ねて精神的に安定していると考えられがちな老年期ですが、体力や気力の衰え、健康への不安、親しい人たちの死別、一人暮らしの孤独感などの原因からうつ病を発症することも珍しくありません。
特に高齢者のうつ病は、身体の症状が強調されてしまい、うつ病であることが見えにくくなったり、認知症と間違われて見逃されてしまったりすることがあります。ですから、気付かずに症状を放置してしまう傾向にあるため注意が必要でしょう。
また高齢者のうつ病では、抑うつ気分のような精神症状が目立たないこともあり、耳鳴り、めまい、ふらつき、手足のしびれなど自律神経症状の訴えや、頭痛、腰痛、胃部不快感などの症状が見られます。
また、「物忘れが増えた」と訴えたり、心気傾向が強く、「心臓が動いていない」「胃の中に虫がいる」のような妄想(心気妄想)が現れたりすることもあるため、人知れず苦労をされている人が多いのが特徴です。

高齢者に潜むうつ病の危険因子

高齢者のうつ病の場合、原因として別の危険因子が見られることもあります。
例えば、「元うつ病患者、もしくは近親者にうつ病患者がいた」「慢性的な持病を持っている」「単身者(死別を含む)世帯」「経済困窮」などが代表的なものであり、認知症を患う原因と似ています。
また、認知症というと記憶障害が知られていますが、ほかにも気分の落ち込み、意欲・集中力の低下、イライラ感など、うつ病と非常によく似た症状も見られるため、周りから違いが分かりづらいわけです。

認知症との違いは「検査」で分かる

うつ病と認知症を区別するためには、時計を描くテスト(CDT)や詳細な認知機能検査、MRI検査、各種脳機能検査があります。 うつ病と認知症を合併している場合もありますので、不安を感じたり、高齢者の家族の心身の不調に気がついたりした場合には、なるべく早くかかりつけ医や精神科で相談すると良いでしょう。早めに相談することで病気の判断がつき、治療を早く進めて改善効果を引き出すことができます。