うつ病の原因と対処法【投薬治療でこころとからだの治療】

なぜうつ病になるのか

カウンセリング

うつ病は身近な病気

うつ病は年々増え続けている病気で、今では70万人を超えています。また治療の上、一時的に治ったとしても再度うつ病を発症する場合もあり、「生涯でうつ病を経験したことがある」というアンケートでも16人に1人いるという結果がでており身近な病気になります。
うつ病は脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられおり、気力で解決できるものではありません。

代表的な症状

うつ病の症状は、代表的にこころとからだに出るものの2種類があります。
こころの症状では憂鬱になる、悲しい、希望がない、気落ちする・落ち込むなどの「抑うつ気分」や怖くなったり、焦ったり、イライラしたりすることがあります。これらは、不安症状の併存・重症の焦燥から自己否定・現実逃避など気持ちの悪循環がこころに作用してしまうことから起こります。
また、趣味にしていたことを飽きてしまう「興味または喜びの喪失」や、疲れやすくやる気が起こらない状況に陥る「意欲の低下・おっくう感」、考思考が偏ったものの見方になってしまう時に感じる「過剰・不適切な罪悪感」などが挙げられます。
からだの症状では、寝付きが悪い、浅い眠りで十分な睡眠がとれていない「睡眠障害」、味覚障害や美味しさを感じることができないことで起こる「食欲の減退」、頭痛、肩こり、吐き気など健康な人よりも頭の内部の痛みが多く、痛みの程度も強かったという報告もあります。

症状が見られたらドクターに相談

うつ病になってしまったら改善するために治療を行わなければなりません。原因が断定できない場合の治療法は長期的な休養を取る方法です。「責任感の強い人ほど、うつ病になりやすい」とよくいわれています。
そのようなタイプの人は、仕事や家事等から思い切って当分の間離れないと、うつ病はよくなりません。いつまで休んだら良いかという判断はドクターに相談し、アドバイスを受けましょう。

投薬の治療がおすすめ

うつ病を改善させるための治療法として投薬による治療もオススメです。投薬治療を行う場合は心療内科などで受診しなければなりませんが、受診することでうつ病の原因も調べてもらうことができるので、うつ病かもしれないという段階からでもいいので受診してみましょう。うつ病専門の薬の投与は、うつ病治療の代表的な方法です。
ほとんどの場合、数種類の薬を同時に服用しその期間も長期にわたります。よく使われる薬としては抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。抗うつ薬はうつ病専用の薬の中核をなすもので、脳の中にある物質の作用を強化する役割を果たし抑うつ状態の改善効果があります。
そして、抗不安薬は名前にあるように、不安を静める作用を持つ薬です。特に不安感・焦燥感が強い場合に処方されます。睡眠薬はいつまでも寝付けない場合や、すぐに眠りから覚めてしまう場合に処方されるでしょう。症状のレベルや疾患の有無など個人に合わせて治療薬の処方をしてくれるので安心です。

うつ病克服のヒント

最後にうつ病を改善させるための治療法として精神療法・心理療法も効果的です。自分で原因が分からない場合は専門知識と経験を積んだカウンセラーの指導のもとで、うつ病をゆっくりと克服していきましょう。
現在のうつ病については、「認知行動療法」が有名で、イギリス・アメリカのようなうつ病治療の先進国においては、投薬治療と同等に認知されています。認知行動療法では、マイナス思考に支配された患者の考え方を徐々に異なる方向に変えていきます。自らの考え改めてストレス耐性をつけることができるためうつ病の再発予防に最適でしょう。
ただし、自分で自分の性格を変えていくことになるため、まったく変わろうとする意欲がない場合や受け身の姿勢が目立つ場合は、この治療の効果が薄いと言われています。 いずれにおいても、専門知識と経験を積んだカウンセラーと相談した上でうつ病の克服を検討しましょう。

症状悪化に繋がる原因

医者

うつ病になってしまったら長期的な休養を取ったり心療内科で治療したりすることで改善させますが、悪化させてしまう原因もあります。どのようなことに注意しないといけないのか確認しておきましょう。

うつ病を招きやすい性格

悩む人

うつ病は知らないうちになってしまうというイメージがありますが、うつ病の原因になりやすい性格というものがあるのをご存知ですか。どのような性格がうつ病の原因になるのか調べてみました。

高齢者のうつ病

葉っぱ

うつ病は40代を中心に中年の方が発症するイメージがありますが、女性に限れば30代から70代までが発症率が高いと言われています。特に高齢者でうつ病になる原因は何なのか調べてみました。認知症と並んでよくみられる病気です。